食べるときに身を出しやすいように

食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。これにて蟹の捌き方はおしまいです。どうですか、意外と簡単でしょう。蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが他の蟹より小さい体をしているため、もし間違った選び方をすると、身が詰まっていなくて、美味しくないものもあるので吟味することが大事です。毛蟹の正しい目利き方法をお教えいたします。店先で購入する場合は、実際に手で持ってみて重さで判断ができますが、手で触れることのできない通販で選ぶときには、販売会社の定めた品質の基準であったり、業績であったりをきちんと調べたうえで購入に至ることが上手な方法です。花咲がには、幻のかにとして知られています。根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにのようでかにではなく、実はヤドカリというべきです。といっても、見た目も味もほとんどかになので市場ではかにと一緒にして誰も問題にしていません。身の芳醇さと食べ応えで知られ、産地が限られて漁獲量も少ないのでブランドがにとして有名なかにの一種です。ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。地域によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。反対に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、むしろ、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。
もっと詳しく⇒訳あり カニ 函館に